24.3.16

Rustlessは現在インスタをメインに更新中です。

Hello there!

ブリブラのハイライトを、インスタをメインにアップ中です。

Facebookには同じものを公開しているのですが、
このブログ上ではそれぞれの写真のキャプションなどを
どうアップしようか思案中です。

ぜひぜひインスタもご覧ください。
(アカウントが無くても大丈夫です。)




このような感じでアップしています。↓


Thank you for your visiting.
See you next time!

12.3.16

ブリブラ、ありがとうございました!

Hello there!



本日は、ブリブラにお越しいただきありがとうございました!Ducati 900SS祭り?と言ってしまえるほどのイタリアのべっぴんにもお集まりいただき光栄でした。バイクは英車をメインに約80台ほどだったでしょうか。たくさんの方にお集まりいただき、本当にありがとうございました。お天気にもようやく恵まれ、「カフェレーサー祭り」というキーワードに響いた、新旧様々なバイク乗りの方々がお越しくださいました。

あっちやこっちや動きまわり、既に足が嬉しい筋肉痛です。笑 写真もボチボチをアップしていこうと思いますが、しばらく整理に時間がかかりそうです。もしインスタなどでアップして頂ける場合は、ぜひ #britbratday #ブリブラ のハッシュタグをご利用いただけますと幸いです。「お、俺のバイクの写真〜!」と、交流の一歩にもお使いいただければと思います。 「毎度」も「久しぶり」も「はじめまして」も、あちこちで飛び交う、良い場として少しずつ成長してきたような気がしました。また11月にブラっとお会いできることを楽しみにしています。次回の副題は、「トライアンフ祭り」です!今回もありがとうございました。

Brit Brat Day was a great success. Nearly 100 people and around 80 bikes gathered. This was one of the highlights of the day, a row of Ducati 900SS! I didn’t expect to see six 900SSs in one time. What a cool sight. I will update the shots from this gathering time by time.


Thank you for your visiting.
See you next time!

11.3.16

ブリブラ NEWS!

Hello there!

明日のパーキングスペースについて、あれこれ考えております。
「カフェレーサー」というと、私にとってはイギリスの60年台が中心なのですが、
色々な捉え方があるのだなぁと既にこの言葉の広さに驚いています。




明日のブリブラでは、製材所内にマチレスG50をメインディッシュとし、ブリティッシュ・カフェレーサーを並べる、仮想ミュージアム?にしようと思います。こちらの製材所をお見逃しなく〜。これは前々回、雨が降ってしまった時に、大阪のDさんがレースで使用されているノートンマンクスと、ロブノース・トライデントを持ってきてくださった胸熱の一枚。

パーキングスペースへの誘導で、恐らくテンパります。ご来場のタイミングによって、お待たせすることもあると思いますが、どうぞご容赦ください。笑

それでは明日、ブラっと遊びに来ていただけることを楽しみにしています!お帰りの際の、交差点での一旦停止もバチッと決めて気持良くお帰り下さい。

Thank you for your visiting.
See you next time!


ブリブラ NEWS!

Hello there!

ブリブラいよいよ明日です。
お天気もようやくまともで、ホッとしています。
明日、ブラっとお気軽にお越しくださいね。


マチレスのG50に続き、BSA ゴールドスターの最初期モデルであるM24 Gold Starも「無事に到着できたら乗って行くわ、多分」とのことです。笑 「ゴールドスターの由来」については省きますが、ブルックランズ・サーキットでの「ゴールドスター」バッジ獲得を記念し、1938年に初めてBSAよりM24「ゴールドスター」というモデルが登場しました。この最初期モデルは、たった2年しか製造されませんでした。
現存台数そのものが少ない、希少車であるゴールドスターのM24がいよいよブリブラに!G50同様に、最上のリスペクトでお迎えしたいと思います。エンジン部の目印としては、プッシュロッド・トンネルが、上下でボルト留めされているところでしょうか。最終モデルのエンジン型式「DBD」へと続くそのヒストリー・ピースをぜひ穴が開くほど眺めていただければと思います。
ちなみにこの写真のマシンは、世界一M24に精通しているイギリスのエンスージアストの方の一台。このM24は、市販車の通算「2」台目というマシンで、当時のペイントも纏っておりまさにプライスレス。そしてこの撮影場所は、BSA Gold Starの歴史が生まれたブルックランズのコース場というダメ押しの一枚。
ブリブラのお知らせ1
戦前も数台お越しいただくことになりそうで、パーキングスペースでの僕のテンパリ具合を考え、英車は潔く、これまで通り別枠といたします。また、スペースや出入りの都合上、歩道へ停めていただくことがあるかもしれません。どのようなマシンが、どういう順番でお越しいただけるのかがいつも出たとこ勝負ですので、お迎えの際にすこーしお待ちいただくこともありますが、ご容赦下さい。
ブリブラのお知らせ2
当日のスペシャルメニューのお知らせを北の椅子とさんより。「この度のスペシャルはハーブソーセージのホットドック!人気急上昇中のブーランジェリームラタのハードパンにはさんでボリューミーに仕上げます。ぜひお召し上がりください!」 とのことです、是非ともかぶりついてください!

ブリブラの詳細は、少し前の投稿をご覧ください。
それでは明日、ブラっとお会いできることを楽しみにしています!

Thank you for your visiting.
See you next time!

10.3.16

ブリブラNEWS!

Hello there!
ブリブラNEWSです。


ブリブラの「カフェレーサー祭り」の目玉マシンは、本物のレーサーであるマチレス G50!オーナーであるT氏によると「多分持っていく」ということなので、程々にご期待ください。笑

マチレス G50は、AJSの7Rを元に開発された、500ccの生粋のレーシングマシンで1958年に登場しました。複雑で、ボリュームのあるDOHCのノートン・マンクスと比べ、シンプルなOHCを採用し、車重も軽く仕上げられました。フェザーベッドのマンクスが50年代初頭に登場し、その頃に華々しい戦果を上げたことを考えると、単気筒レーサーのG50の登場は遅すぎた、とも言われているようです。

現在でもマンクスと肩を並べる、単気筒レーサーの代表格としてヒストリックレースで愛され続けている名車です。金色にペイントされたマグネシウムのカバーが、最大の特徴の一つですね。ぜひ、穴が開くほど眺めていただければと思います。

最近はインスタを頻繁にアップしています。こちらも覗いてみてくださいね。

This gorgeous Matchless G50 will be displayed at my organising meeting, 'Brit Brat Day'. Huge thanks to the owner, Mr Tajima. This shot was taken at a classic motorcycle racing in Japan called Legend of Classic.

Thank you for your visiting.
See you next time!